読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メガネラッコの反芻キネマ

どうもメガネラッコです。ご覧いただきありがとうございます。基本的には最近みた映画について、上映中、レンタルなど関係なく感想や自分なりの分析など徒然と書いてます。

ファインディング・ドリー 〜感情移入が難しい?笑えて楽しめるピクサーらしい?映画〜

洋画 アニメ

笑えて、話が分かりやすい
子供でも楽しめる娯楽映画

 

 

どうもメガネラッコです。

ピクサー映画はあまり数多くみてませんが、ニモは見てます。

 

そんな自分が今回紹介する映画は

ファインディング・ドリー

 

 

www.disney.co.jp


です。

 

■映画のざっくり内容

ドリーは何でも直ぐ忘れてしまうお魚。

今までもたくさんことを忘れてきた。

ドリーがニモやその父マーリンと共に過ごすようになった後

ひょんな事からドリーは自分の両親こと、故郷のことを思い出します。

一人では直ぐ忘れてしまうドリーをニモとマーリンが助ける形で

3匹はドリーの故郷を目指しますが、そこには、、、。

 

■観た理由

ファインディング・ニモを見ていた事

夏らしい映画を見たいなと思っていたのと

少し映画を見て泣けたらいいな、という期待感があったのでみました。

 

■お勧め度

~カップル~  ★★★★

分かりやすい話と、笑えるポイント多数。

カップルで楽しく見るにはちょうどいい作品だと思います。

映像も綺麗だし、海の世界観が夏にぴったりです。

 

 

~1人~    ★★★

基本的にはコメディ要素が強く

笑うポイントが多いので、周りを気にする人は

一人では声を出して笑って、という楽しみ方が

できにくいかもしれません。

 

 

~友達と~   ★★★

気軽に友達と見る分には楽しめる映画です。

ただ、あえてこの作品を選ぶなら

ファインディング・ニモを見たことのある友人同士

のほうがより、作品が楽しめると思います。

 

 

~魚ってなんかキモイ、忘れっぽい性格ってムカつくという人~  

魚が嫌いな人は見ないほうがいいでしょう。

魚以外にも動物が出ていますが、ほぼ魚です。

また、ドリーのすぐ忘れる性格を寛容な気持ちで見られない人

は他の映画を見たほうがいいでしょう。

 

 

 

 

■メガネラッコ的ポイント

ピクサーの綺麗な3D表現

・クスッとなる笑いどころ多数

ラッコの可愛さ

・ハンクの謎のイケメン感

八代亜紀

 

泣けるかな?と思ってみに行きましたが

自分的には泣くには至らず。

泣くには人を選ぶかもしれません。

 ただ、コメディ色の強い作品として

単純に楽しめます。

登場するキャラクターも個性的で魅力的です。

 

 

■所感   ※以下ネタばれ含みます。

続きを読む

ポケモン・ザ・ムービーXY&Z「ボルケニオンと機巧のマギアナ」 〜初めての人も楽しめる?分かりやすいテーマに安心するアニメ映画〜

アニメ 邦画

ポケモンを知らなくてもそこそこ楽しめる?
しかし、あと一歩な感じが否めない映画

 

どうもメガネラッコです。

好きなポケモンライチュウです。

 

そんな自分が今回紹介する映画は

ポケモン・ザ・ムービーXY&Z「ボルケニオンと機巧のマギアナ」  」

 

 

www.pokemon-movie.jp

です。

 

■映画のざっくり内容

主人公はポケモンマスターを目指し旅する少年。

マギアナという貴重なポケモンを連れ去り利用しよとする人間と

それを阻止しようとするボルケニオンというポケモン

その争いに主人公たちも巻き込まれます。

ボルケニオンとともに行動するうちにマギアナの出生の秘密や

ボルケニオンとの関係、また何故ボルケニオンが人間を信用しないかなどが

明らかになっていく。

そんなボルケニオンに、自分達は、そんな人間とは違う!と

一緒にマギアナ救出を手伝う主人公一同。

マギアナを利用しようとする者たちの狙いは、、、

 

■観た理由

ポケモン映画はここ数年みるようにしています。

ポケモンGoの人気で映画も混んでいるかな?と興味本位もあって。

 

■お勧め度

~カップル~  ★★

ポケモンが好きなカップルであればみてもいいかもしれませんが

わざわざ他の映画を選ばずにみる理由は特にないかもしれません。

ただ、それなりには楽しめると思います。

 

 

~1人~    ★★

こちらもポケモン好きの人推奨です。

家族や子供とみる人がほとんどなので

あえて一人で見に行く作品ではないかもしれません。

ただ本作には少し考える部分もあるので

ポケモンに多少詳しい人なら、悪くはないでしょう。

 

 

~友達と~   ★★★

ポケモン好きの友人となら

見に行ってもいいでしょう。

いつもの通りポケモンの配信などもやっているので

そちらにも興味があるなら猶更○です。

 

 

 

ポケモンて何?っていう人~  

最低限のポケモンの知識は求められると思います。

冒頭に一応軽い説明はありますが、ある程度世界観など

理解している人でないと、「?」の連続で話に集中できない

かもしれません。

 

 

 

 

■メガネラッコ的ポイント

王道のストーリー

・丁寧に演出され、迫力のあるポケモンバトル

ゲスト声優の違和感

・たくさん出てくるポケモンの可愛さ

 

よくまとまっており、王道のストーリー展開ですが

丁寧に演出されているので安定感があります。

ただ、ポケモンという例外を除いて人間の言葉を話さない生き物が絡むことの

難しが今回も出てきたように思います。

この点をもっと利用するなり解決しないとポケモンの映画の限界はこの辺かも、、、

とも思える作品でした。

 

 

■所感   ※以下ネタばれ含みます。

続きを読む

シン・ゴジラ 〜怒涛の勢いで進む、日本ならではの大人向け特撮エンタメ〜

邦画 アクション 特撮

子供が楽しむには苦しいのでは?
でも大人ならゴジラに詳しくなくても楽しめる
アニメのようなテンポで進む作品

 

どうもメガネラッコです。

ゴジラはほとんど知りません。

 

そんな自分が今回紹介する映画は

シン・ゴジラ

 

 

shin-godzilla.jp


です。

 

■映画のざっくり内容

突如東京湾から現れた正体不明巨大生物。

その生物は東京湾から上陸し東京の中枢めがけ進んできます。

今までに想定もできなかった事態に国の対処は後手後手に。

迫りくるゴジラと、それにどう日本という国が向かっていくかが描かれます。

 

 

■観た理由

庵野監督のエヴァが好きだったから。

特撮ものに興味が出始めたのと

ゴジラがどの程度のものなのか知りたかったから。

 

■お勧め度

~カップル~  ★★★

怒涛の勢いで話が進んできますが

ゴジラの派手なアクションなどを期待して

爽快感などを求めていくカップルには不向きです。

ゴジラの出番は少なめです。

 

~1人~    ★★★★

一人で見ても何ら問題はありません。

ただ、随所に人と話したくなる要素があるので

できれば庵野監督作品やゴジラを知っている人と

いったほうがいいかもしれません。

 

 

 

~友達と~   ★★★★★

ゴジラ好き、庵野監督好きの友人と

見に行けば、見に行ったあとは語り合えるでしょう。

また、ゴジラに詳しくなくても映画として楽しむつもりで

いけばそれなりに楽しめる要素がたくさんあります。

 

 

 

 

~派手なハリウッドみたいなCGみたい人~  

派手なシーンはかなり少なめです。

特撮シーンも見慣れていない人には違和感を感じるかもしれません。

特にゴジラを見たときに、「え?」と思うかもしれません。

 

 

 

 

■メガネラッコ的ポイント

話の展開、テンポの良さ

ゴジラ対日本国という構図での話の筋

石原さとみのキャラの庵野作品感

・音楽の使い方や使いどころ

 

2時間があっという間にたつ日本映画を見たのは久しぶりです。

ゴジラじゃなくてもできたこともあれば

ゴジラだからよかったことも多数。

日本という国に対して、今後想定しない脅威が襲ってきたら

こうなるんだろうなーという感覚まで楽しめる

パニック映画としても優秀。

ただ、アクション性が低いのと日本の政治や統制のありかた

を把握している必要があるので子供は退屈かもしれません。

 

 

 

■所感   ※以下ネタばれ含みます。

続きを読む

デッドプール ~邪道ヒーロー?構成自体はシッカリ王道アクション映画~

洋画 アクション

アメコミ好きは楽しめ!
間違ってもカップルで行かないほうがいい?映画

 

どうもメガネラッコです。

好きなアメコミキャラはヴェノムかロケットラクーン。

 

そんな自分が今回紹介する映画は

デッドプール

 

 

www.foxmovies-jp.com

 

です。

 

■映画のざっくり内容

主人公は元軍人。その経歴を生かし

用心棒のようなちょっと怪しいお仕事をしている。

生活は順調のように思えたが彼は末期癌だった。

そんな彼の病気を治せるという男が現れ、愛する彼女のためにも

癌から生き残ろうとするが彼が連れて行かれたのは

人工的にミュータントを作る施設。

彼は実験の末、不死身の体をもつミュータントになるが

その過程で顔がぼろぼろに。

自分の顔をボロボロにした施設の主犯に復讐すべく

情報を集める。。。

 

 

■観た理由

アメコミ原作ものは見るようにしている。

アメコミが好きだから!

そしてこのデッドプールも少しだがコミックを読み

知っているキャラクターだったから。

 

■お勧め度

~カップル~  ★★★

話の軸はラブロマンス?とも

思えなくも無いです。

ただ、敵を殺す描写の生々しさと

ふんだんに全編にわたって出てくる下ネタを

笑ってすごせる程度には成熟しているカップルなら

大丈夫でしょう。

 

 

~1人~    ★★★

1人で見ても十分に楽しめる映画です。

アメコミ好きならなおさらでしょう。

しかし、あまりにもネタが多く

観終わった後に色々話をしたくなるので

話し相手を確保できるとなお良しです。

 

 

~友達と~   ★★★★

アメコミ好きの友人と

ポップコーン片手に観るのに

向いている作品です。

家で観るなら、今のネタはああだこうだ

なんて話しながらみても問題ないでしょう。

特に難しい展開の話でもないので。

 

 

~下ネタ最悪、グロイの無理という人~  

下ネタなんて下品なものは嫌い。

内臓や人の体が潰れたり、血を観るのは嫌い

という方は見ないことをお勧めします。

そういう人は他のアクション映画でも

観ていましょう。代わりになるものはあるでしょう。

 

 

 

 

 

■メガネラッコ的ポイント

デッドプールデザインがコミックよりで馴染める

・ふんだんに出てくるネタ

・低予算と言われながらもしっかり見せるアクション(やや地味?)

スーパーヒーロ着地!

・あまり最近みないビッチな感じのヒロイン!

 

■所感   ※以下ネタばれ含みます。

続きを読む

マジカル・ガール ~余りに尖り過ぎた人間の負の連鎖を感じる作品~

ヒューマン スペイン映画 スリラー

海外作品なのに日本的?
古きよき日本映画の気配と退廃的なスートーリー

 

どうもメガネラッコです。

ミニシアター系も時々見に行きます。

 

そんな自分が今回紹介する映画は

マジカル・ガール

 

映画『マジカル・ガール』公式サイト

 

 

 

です。

 

■映画のざっくり内容

病気で余命残りわずかの少女の父親

彼は彼女の願いを少しでも叶えてやろうとする。

それは、彼女が大好きなアニメの衣装を着せてやること。

ただ、その衣装はあまりに高価だった。

失業中の父は金策に困り果て、強盗にまで及ぼうとするが

、その寸前突然上空から吐瀉物が落ちてくる。

その吐瀉物の持ち主である、人妻とその人妻の昔の教師を巻き込み

負の連鎖が始まる、、、。

 

■観た理由

タイトルとあらすじに惹かれたから。

たまには単館系でじっくり考えたかったから。

 

■お勧め度

~カップル~  ★★

 あまりお勧めできません。

特にデートや、気軽な気持ちでみるには

不向きといえます。

話がとにかく不幸な方向に進みます。

観終わって暗い気持ちで2人してぼんやりしたければOKです。

 

~1人~    ★★★★

1人で見るのに特に問題の無い作品です。

部屋を暗くして、集中できる状態を作って

観てしまいましょう。

そして、観終わってモンモンと色々考えを

めぐらせて観るのも一興です。

 

 

~友達と~   ★★

個人的にはお勧めできません。

観終わったときに何について語れるか?

という点でもあまり友人との鑑賞には向かないかもしれません。

ただ、映画が好きなもの同士であれば、あれやこれやと

話せるかもしれません。

 

 

 

~古きよき日本映画、江戸川乱歩好きな人~  ★★★★

作品の雰囲気、間のとりかた、そして劇中歌など

古きよき日本映画好きの方

特に江戸川乱歩好きな人にはお勧めです。

なぜ、この映画の監督が海外の人なんだ!と驚くやも。

 

 

 

 

■メガネラッコ的ポイント

・静かな不幸の展開

劇中歌のインパク

・昔の日本映画を観ているようなスピード観と話運び

・不幸から垣間見える人と人のすれ違い

・変質的な教師のキャラクター

 

■所感   ※以下ネタばれ含みます。

続きを読む

ヒミズ ~普通って何だろう?現代人の価値観をゆさぶる作品~

邦画 ヒューマン

暗いときに、とことん暗くなりたい?
それでも明日に向かって行きたい時に見る映画

 

どうもメガネラッコです。

ヒミズは原作漫画のファンです。

 

そんな自分が今回見た映画は

ヒミズ

 

 

www.youtube.com


です。

 

■映画のざっくり内容

15才の中学生の主人公が、生まれながらの不遇にも負けず

一生懸命人並みを目指して生きている。

しかし、ひょんことから、その普通を目指すことすら

ままならない状況になってゆく、、、

 

■観た理由

原作のファンだから。

園子温監督もまあまあ好き。

 

■お勧め度

~カップル~  ★★

 あまりお勧めできません。

特にデートや、気軽な気持ちでみるには

不向きといえます。

互いに原作を知っていてそれでも見たいなら

一緒にみるのもいいのではないでしょうか。

 

~1人~    ★★★★★

こういった作品は1人で見るに限ります。

部屋を暗くして、集中できる状態を作って

観てしまいましょう。

そして、観終わってモンモンと色々考えを

めぐらせて観るのも一興です。

 

 

~友達と~   ★★★

映画好きな友人となら見ても問題ない

のではないでしょうか。

ただ漫画原作の映画は反応が割れる可能性があります

ので、その点は要注意。

 

 

 

~今まで自分の環境や価値観に疑問を持たなかった人~  

自分の価値観などに疑問を持たない人は

観てもいまいちピントこないかもしれません。

もしくは、この作品を機に凄く考えてしまうかもしれません。

 

 

 

 

 

■メガネラッコ的ポイント

・主役の2人の演技力!

・夜野の原作からの変わりっぷり

・相変わらず怖いよ、でんでん

原作からの変更点

ラストシーン

 

■所感   ※以下ネタばれ含みます。

続きを読む

ズートピア ~王道では無い!?構造もメッセージも多様に解釈可能な良作~

洋画 アニメ ヒューマン

子供と気軽に楽しめるけど
大人同士でおおいに語りあえる映画

 

どうもメガネラッコです。

ディズニー映画はそこまで多くは見ていません。

 

そんな自分が今回見た映画は

ズートピア(吹き替え版)

 

 

www.disney.co.jp

です。

 

■映画のざっくり内容

至上初の草食動物警察官になったメスウサギのジュディが

様々な動物たちが暮らすズートピア

警察官として事件に挑む物語。

 

草食動物というだけで

大きな事件には関わらせてもらえないジュディが

動物たちの失踪事件を、自らの警察官人生をかけて挑む。

 

■観た理由

アナ雪を越える?とも言われた評判と

キャラクターデザインが気に入ったので観ました。

ちなみに観たのは日本語吹き替え版。

 

■お勧め度

~カップル~  ★★★

話の内容も重たくは無く

笑えるところもあるので気軽に見に行けます。

ただ、内容の理解や解釈に差が出る可能性もあるので

要注意。自分の解釈を押し付けないように。

 

 

~1人~    ★★★

じっくりと1人で味わえる内容になっています。

ただし、映画館で見る場合は覚悟を決めていきましょう。

周りはカップルや親子、女性グループ客が多い傾向に

ありそうです。

 

 

~友達と~   ★★★★

映画が好きな友達、そうで無い友達

どちらとも観ても問題ないでしょう。

どんなシーンが面白かったか

どんな風に感じたかなど話をするネタは色々あります。

 

 

~現実を認識したくない人~  

動物たちのお話ですが、

テーマ自体はとても現実的です。

現実から目を背けるにはあまり向かないかもしれません。

見終わった後にあれこれ考えたくない人は元気なときに

観ましょう。

 

 

 

 

 

■メガネラッコ的ポイント

・冒頭のCG描写が美しい

・動物の暮す町の表現の仕方が楽しい

・主人公やその周辺のキャラが立っている

・ディズニーの自虐ネタ?は最高

・動物たちの物語だけど人間くさい

・吹き替え版の歌とガゼルの台詞棒読みは酷い

 

■所感   ※以下ネタばれ含みます。

続きを読む