読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メガネラッコの反芻キネマ

どうもメガネラッコです。ご覧いただきありがとうございます。基本的には最近みた映画について、上映中、レンタルなど関係なく感想や自分なりの分析など徒然と書いてます。

貞子vs伽椰子 ~B級ホラーで笑えるけど、怖いの苦手な人は止めとこう~

邦画 ホラー

酒のつまみにはなるが
真剣な気持ちで見てはイケナイ映画

 

どうもメガネラッコです。

ホラー映画は基本的に苦手です。

 

そんな自分が今回見た映画は

貞子vs伽椰子

 

 

sadakovskayako.jp

 

です。

 

■映画のざっくり内容

呪いのビデオを見たものを殺す貞子と

呪いの家に立ち入ったものを殺す伽椰子

 

スマホでさくさく動画が見れる時代に

ひょんな理由で呪いのビデオを見てしまった女子大生2人

呪いの家の近所に引っ越してきた女子高生。

他にも犠牲者が出つつ、なんとか呪いを解こうと奔走し

最終的に呪いと呪いを戦わせて消滅させようとするお話です。

 

■観た理由

評判が分かれいる所にひかれたのと

ほとんどギャグだという感想に興味を持ったので

観てきました。

(ホラー苦手なのに)

 

■お勧め度

~カップル~  ★★★

適度にしっかり怖いところもあるので

吊り橋効果を期待するカップルや、映画を見慣れているカップルには○

終わり方が極端なので普段あまり映画を見ないような人の場合は

心してからいくか、避けたほうがいいかもしれません。

 

~1人~    ★★

映画を観るのが好きな人なら、見て損は無いと思います。

ただ内容的に観終ったときが辛い。

内容について話をしたいことが満載です。

色々と語らいたいタイプの人はなるべく同じような趣味のお友達と行くほうが

いいでしょう。

 

~友達と~   ★★★★

映画について語りあえる友人と観に行くのが

一番楽しめる映画じゃないでしょうか。

ホラーが多少苦手でも、映画をある程度見慣れている人ならば

ラストの怒涛の展開について小一時間はビールを飲みながら

語り合えるでしょう。

というか人に話さないではいられない気持ちになるので友達といくのが一番。

 

~原作ファン~  

原作から設定がかなり変わっていますので

熱烈な過去作のファンの方はがっかりするかもしれません。

 

 

 

■メガネラッコ的ポイント

出演者の演技がちょっと、、、(主に山本さんとか子役とか)

・呪いのビデオの設定変わりすぎて戸惑う

・想像以上のご都合主義な展開が楽しい!

 (警察よべ!何でドアのノブ壊すんだ!お前そこで死ぬんか!)

ホラーの定石は途中までは健在

安藤政信を久々にみたけど、印を結ぶのが良いね

・テレビとビデオをガラガラもっていくぜ!

貞子無双

 

■所感   ※以下ネタばれ含みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

B級以外の例え方が分かりません!

何?その終わり方!

 

というか途中も世界観とか起こる事が雑で

突っ込みまくりながら観れる良作です。

 

個人的な不満をあげるとすれば

やはりVSシーンの短さでしょうか

 

もっと壮絶なバトルを想像していたのに

最後のほうにちょこっとあるだけって感じです。

 

 もっとガンガン闘えよ!

 

と消化不良と、普通に怖かった前半のホラーシーンに

少し憤りを感じてしまいました。

 

しかしここまで突っ込みどころがあると

観終わったあとの感想については

一緒に見に行った人と話せるので素晴しいですね。

昨今は他人に言いたくなるか?教えたくなるか?

というのはコンテンツの魅力の一部として強力だと思うので

その点については十分な作品かもしれません。

 

なので決して1人で見に行くことはお勧めしません!

(話をしたくなるからね!)

 

んじゃ、また。