読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メガネラッコの反芻キネマ

どうもメガネラッコです。ご覧いただきありがとうございます。基本的には最近みた映画について、上映中、レンタルなど関係なく感想や自分なりの分析など徒然と書いてます。

マジカル・ガール ~余りに尖り過ぎた人間の負の連鎖を感じる作品~

海外作品なのに日本的?
古きよき日本映画の気配と退廃的なスートーリー

 

どうもメガネラッコです。

ミニシアター系も時々見に行きます。

 

そんな自分が今回紹介する映画は

マジカル・ガール

 

映画『マジカル・ガール』公式サイト

 

 

 

です。

 

■映画のざっくり内容

病気で余命残りわずかの少女の父親

彼は彼女の願いを少しでも叶えてやろうとする。

それは、彼女が大好きなアニメの衣装を着せてやること。

ただ、その衣装はあまりに高価だった。

失業中の父は金策に困り果て、強盗にまで及ぼうとするが

、その寸前突然上空から吐瀉物が落ちてくる。

その吐瀉物の持ち主である、人妻とその人妻の昔の教師を巻き込み

負の連鎖が始まる、、、。

 

■観た理由

タイトルとあらすじに惹かれたから。

たまには単館系でじっくり考えたかったから。

 

■お勧め度

~カップル~  ★★

 あまりお勧めできません。

特にデートや、気軽な気持ちでみるには

不向きといえます。

話がとにかく不幸な方向に進みます。

観終わって暗い気持ちで2人してぼんやりしたければOKです。

 

~1人~    ★★★★

1人で見るのに特に問題の無い作品です。

部屋を暗くして、集中できる状態を作って

観てしまいましょう。

そして、観終わってモンモンと色々考えを

めぐらせて観るのも一興です。

 

 

~友達と~   ★★

個人的にはお勧めできません。

観終わったときに何について語れるか?

という点でもあまり友人との鑑賞には向かないかもしれません。

ただ、映画が好きなもの同士であれば、あれやこれやと

話せるかもしれません。

 

 

 

~古きよき日本映画、江戸川乱歩好きな人~  ★★★★

作品の雰囲気、間のとりかた、そして劇中歌など

古きよき日本映画好きの方

特に江戸川乱歩好きな人にはお勧めです。

なぜ、この映画の監督が海外の人なんだ!と驚くやも。

 

 

 

 

■メガネラッコ的ポイント

・静かな不幸の展開

劇中歌のインパク

・昔の日本映画を観ているようなスピード観と話運び

・不幸から垣間見える人と人のすれ違い

・変質的な教師のキャラクター

 

■所感   ※以下ネタばれ含みます。

 

 

 

 

 

 

 

 タイトルから想像する話とは大きくかけ離れている内容でした。

まさかここまで淡々と不幸が連鎖していく様を

直接的に出なく、あくまで世間の歪みのように見せていく

その手法に個人的には感銘を受けました。

 

 

不幸なものをダイレクトに見せない怖さ

何か行き詰まった人々の焦燥

 

観ているとそういった冷たいものを

脈々と感じました。

 

 

結果としては、想像した内容とは異なりましたが

満足いく作品でした。

 

ただ、もう一度見たいか?

と聞かれると、現時点ではノーです。

 

 

それは話の展開にこそ、この映画の魅力は隠されている

ように自分は思います。

 

話の展開を把握した今、あのドキドキを味わうのは難しいでしょう。

不幸が連鎖していく様を静かに見つめている。

そこにはこの先起こるであろう事への期待が

無くてはならない要素だったように思います。

 

もちろん、演出や映像的な意味で言えば見直せば

あらたな発見はあるかもしれませんが

現段階ではそこまでのモチベーションを自分はもてそうにありません。

 

何か不幸があったときに観たくなるかも、しれませんが、、、

 

んじゃ、また。