読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メガネラッコの反芻キネマ

どうもメガネラッコです。ご覧いただきありがとうございます。基本的には最近みた映画について、上映中、レンタルなど関係なく感想や自分なりの分析など徒然と書いてます。

デッドプール ~邪道ヒーロー?構成自体はシッカリ王道アクション映画~

洋画 アクション

アメコミ好きは楽しめ!
間違ってもカップルで行かないほうがいい?映画

 

どうもメガネラッコです。

好きなアメコミキャラはヴェノムかロケットラクーン。

 

そんな自分が今回紹介する映画は

デッドプール

 

 

www.foxmovies-jp.com

 

です。

 

■映画のざっくり内容

主人公は元軍人。その経歴を生かし

用心棒のようなちょっと怪しいお仕事をしている。

生活は順調のように思えたが彼は末期癌だった。

そんな彼の病気を治せるという男が現れ、愛する彼女のためにも

癌から生き残ろうとするが彼が連れて行かれたのは

人工的にミュータントを作る施設。

彼は実験の末、不死身の体をもつミュータントになるが

その過程で顔がぼろぼろに。

自分の顔をボロボロにした施設の主犯に復讐すべく

情報を集める。。。

 

 

■観た理由

アメコミ原作ものは見るようにしている。

アメコミが好きだから!

そしてこのデッドプールも少しだがコミックを読み

知っているキャラクターだったから。

 

■お勧め度

~カップル~  ★★★

話の軸はラブロマンス?とも

思えなくも無いです。

ただ、敵を殺す描写の生々しさと

ふんだんに全編にわたって出てくる下ネタを

笑ってすごせる程度には成熟しているカップルなら

大丈夫でしょう。

 

 

~1人~    ★★★

1人で見ても十分に楽しめる映画です。

アメコミ好きならなおさらでしょう。

しかし、あまりにもネタが多く

観終わった後に色々話をしたくなるので

話し相手を確保できるとなお良しです。

 

 

~友達と~   ★★★★

アメコミ好きの友人と

ポップコーン片手に観るのに

向いている作品です。

家で観るなら、今のネタはああだこうだ

なんて話しながらみても問題ないでしょう。

特に難しい展開の話でもないので。

 

 

~下ネタ最悪、グロイの無理という人~  

下ネタなんて下品なものは嫌い。

内臓や人の体が潰れたり、血を観るのは嫌い

という方は見ないことをお勧めします。

そういう人は他のアクション映画でも

観ていましょう。代わりになるものはあるでしょう。

 

 

 

 

 

■メガネラッコ的ポイント

デッドプールデザインがコミックよりで馴染める

・ふんだんに出てくるネタ

・低予算と言われながらもしっかり見せるアクション(やや地味?)

スーパーヒーロ着地!

・あまり最近みないビッチな感じのヒロイン!

 

■所感   ※以下ネタばれ含みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず言っておくと

コミックのデッドプールの設定とは異なっていますので

あしからず。

その点が凄く気になる人には向かないかもしれません。

 

また、コミックでのデッドプールのキャラの特徴を把握している人からすると

やや物足りない感じはあるでしょう。

 

ただ、初めてデッドプールを知った人がみても分かる範囲で

しっかり映画の構成、設定が出来上がっているので

その点は優秀だと思います。

 

コミックの設定や、そこからくる期待感に答えようとしていたら

もっとカオスでファン以外は意味不明な作品になってしまったでしょう。

 

 

冒頭で派手なシーンを少しみせつつ

キャラクター紹介。

あ、デッドプールってこんな軽い感じなのね。

 

と分からせておいてからの回想。

また不必要に専門的な用語を乱発することもないので

すっきりとみられます。

 

ただ、アメコミ系のネタを多く知っている人のほうが

より楽しめるのは確かでしょう。

 

ただ、そんな事しなくてもある程度映画として

話の筋はしっかりあるので

難しいことは考えずに楽しみましょう。

 

 

んじゃ、また。