読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メガネラッコの反芻キネマ

どうもメガネラッコです。ご覧いただきありがとうございます。基本的には最近みた映画について、上映中、レンタルなど関係なく感想や自分なりの分析など徒然と書いてます。

シン・ゴジラ 〜怒涛の勢いで進む、日本ならではの大人向け特撮エンタメ〜

子供が楽しむには苦しいのでは?
でも大人ならゴジラに詳しくなくても楽しめる
アニメのようなテンポで進む作品

 

どうもメガネラッコです。

ゴジラはほとんど知りません。

 

そんな自分が今回紹介する映画は

シン・ゴジラ

 

 

shin-godzilla.jp


です。

 

■映画のざっくり内容

突如東京湾から現れた正体不明巨大生物。

その生物は東京湾から上陸し東京の中枢めがけ進んできます。

今までに想定もできなかった事態に国の対処は後手後手に。

迫りくるゴジラと、それにどう日本という国が向かっていくかが描かれます。

 

 

■観た理由

庵野監督のエヴァが好きだったから。

特撮ものに興味が出始めたのと

ゴジラがどの程度のものなのか知りたかったから。

 

■お勧め度

~カップル~  ★★★

怒涛の勢いで話が進んできますが

ゴジラの派手なアクションなどを期待して

爽快感などを求めていくカップルには不向きです。

ゴジラの出番は少なめです。

 

~1人~    ★★★★

一人で見ても何ら問題はありません。

ただ、随所に人と話したくなる要素があるので

できれば庵野監督作品やゴジラを知っている人と

いったほうがいいかもしれません。

 

 

 

~友達と~   ★★★★★

ゴジラ好き、庵野監督好きの友人と

見に行けば、見に行ったあとは語り合えるでしょう。

また、ゴジラに詳しくなくても映画として楽しむつもりで

いけばそれなりに楽しめる要素がたくさんあります。

 

 

 

 

~派手なハリウッドみたいなCGみたい人~  

派手なシーンはかなり少なめです。

特撮シーンも見慣れていない人には違和感を感じるかもしれません。

特にゴジラを見たときに、「え?」と思うかもしれません。

 

 

 

 

■メガネラッコ的ポイント

話の展開、テンポの良さ

ゴジラ対日本国という構図での話の筋

石原さとみのキャラの庵野作品感

・音楽の使い方や使いどころ

 

2時間があっという間にたつ日本映画を見たのは久しぶりです。

ゴジラじゃなくてもできたこともあれば

ゴジラだからよかったことも多数。

日本という国に対して、今後想定しない脅威が襲ってきたら

こうなるんだろうなーという感覚まで楽しめる

パニック映画としても優秀。

ただ、アクション性が低いのと日本の政治や統制のありかた

を把握している必要があるので子供は退屈かもしれません。

 

 

 

■所感   ※以下ネタばれ含みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

なんというか、想像以上でした。

ゴジラは詳しくないんですが十二分にたのしめました。

 

エヴァンゲリオンヤシマ作戦ですね、これは。

石原さとみが途中からアスカにしか見えませんでした。

 

 

日本という国がこうなるんだろうなー

と思えるような演出が多かったように思います。

地名を具体的に出したり

省庁のやりとりだったり。

そんな中突破口を開くのがシガラミにとらわれない

はみ出し者たちという点も

エンタテイメントとして楽しめる要素になっているとともに

今の日本への疑問を感じました。

 

 

ただ、一般の人の見せ方は無いに等しいです笑

 

最後の安堵のシーンなんだよ!笑

体育館で遊ぶ子供って、、、

現実そういう事になるとしても

見せ方が淡白で、この映画における市民は要素でしかない事がアリアリと伝わってきて少し腑に落ちない感じもありました。

 

しかし

ゴジラという、この先起こりうる不足の事態を体現した存在

 

それにどう立ち向かうべきか?

そんなメッセージも感じられる良い作品です。

話のテンポがかなり速いので集中力がいりますが

その分、話に没入しやすいと思います。

 

ゴジラも個人的にはダサイとカッコイイの中間くらいの

見せ方になっていたように思い、良かったです。

 

最後のゴジラの体を映したシーンは意味を持ちすぎているようにも

思いますが、それがまたこういった作品では良いのかもしれません。

 

んじゃ、また。