読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メガネラッコの反芻キネマ

どうもメガネラッコです。ご覧いただきありがとうございます。基本的には最近みた映画について、上映中、レンタルなど関係なく感想や自分なりの分析など徒然と書いてます。

ファインディング・ドリー 〜感情移入が難しい?笑えて楽しめるピクサーらしい?映画〜

洋画 アニメ

笑えて、話が分かりやすい
子供でも楽しめる娯楽映画

 

 

どうもメガネラッコです。

ピクサー映画はあまり数多くみてませんが、ニモは見てます。

 

そんな自分が今回紹介する映画は

ファインディング・ドリー

 

 

www.disney.co.jp


です。

 

■映画のざっくり内容

ドリーは何でも直ぐ忘れてしまうお魚。

今までもたくさんことを忘れてきた。

ドリーがニモやその父マーリンと共に過ごすようになった後

ひょんな事からドリーは自分の両親こと、故郷のことを思い出します。

一人では直ぐ忘れてしまうドリーをニモとマーリンが助ける形で

3匹はドリーの故郷を目指しますが、そこには、、、。

 

■観た理由

ファインディング・ニモを見ていた事

夏らしい映画を見たいなと思っていたのと

少し映画を見て泣けたらいいな、という期待感があったのでみました。

 

■お勧め度

~カップル~  ★★★★

分かりやすい話と、笑えるポイント多数。

カップルで楽しく見るにはちょうどいい作品だと思います。

映像も綺麗だし、海の世界観が夏にぴったりです。

 

 

~1人~    ★★★

基本的にはコメディ要素が強く

笑うポイントが多いので、周りを気にする人は

一人では声を出して笑って、という楽しみ方が

できにくいかもしれません。

 

 

~友達と~   ★★★

気軽に友達と見る分には楽しめる映画です。

ただ、あえてこの作品を選ぶなら

ファインディング・ニモを見たことのある友人同士

のほうがより、作品が楽しめると思います。

 

 

~魚ってなんかキモイ、忘れっぽい性格ってムカつくという人~  

魚が嫌いな人は見ないほうがいいでしょう。

魚以外にも動物が出ていますが、ほぼ魚です。

また、ドリーのすぐ忘れる性格を寛容な気持ちで見られない人

は他の映画を見たほうがいいでしょう。

 

 

 

 

■メガネラッコ的ポイント

ピクサーの綺麗な3D表現

・クスッとなる笑いどころ多数

ラッコの可愛さ

・ハンクの謎のイケメン感

八代亜紀

 

泣けるかな?と思ってみに行きましたが

自分的には泣くには至らず。

泣くには人を選ぶかもしれません。

 ただ、コメディ色の強い作品として

単純に楽しめます。

登場するキャラクターも個性的で魅力的です。

 

 

■所感   ※以下ネタばれ含みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドリーの性格が強烈すぎて

感情移入の対象としては難しいです。

 

実際、自分もドリー自体よりその周りのキャラクター

今回は特に、ドリーの両親に対してのほうが

感情が入りやすかったです。

 

 

ただ映画全体として子供が分かる部分と

大人向けのネタの部分が入り交ざっています。

 

子供はドリーの冒険の結末がどうなるのか?

ということを純粋に楽しめるし

大人はドリーの両親の行動に胸を打たれるのではないでしょうか。

 

 

作品全体を通してかんじたテーマは

「信じ、行動する」

という感じでしょうか。

 

 

ニモのセリフでも、お父さんがドリーを信用してないから

的なものがあったと思いますが

ドリーは両親に会えると信じて行動したし

両親もドリーが帰ってくると信じて行動した

そして、ニモとマーリンもドリーを信じて一緒に行動した

 

信じる者は救われる、的な主題をもった作品だと

感じました。

 

ただ、この手のテーマと話は満足感は高いですが

テーマを含め目新しさ、インパクトに欠けました。

 

 

「アーロと少年」を見ても感じましたが

ピクサーの作品は堅実なテーマ、普遍的なテーマ

の良さがありますが、そこに対して刺激を感じにくい

世の中になってきているのかな?とつくづく感じました。

 

すこし捻ったテーマのピクサー作品に出合ってみたいです。

 

んじゃ、また。