読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メガネラッコの反芻キネマ

どうもメガネラッコです。ご覧いただきありがとうございます。基本的には最近みた映画について、上映中、レンタルなど関係なく感想や自分なりの分析など徒然と書いてます。

ミュータント・ニンジャ・タートルズ 影(シャドウズ) 〜アクションもテンポもよいけど、やっぱりキャラムービー~

中途半端な説明もなくテンポがいい!!
忍者アクションとキャラクターたちの登場に興奮する映画

 

 

どうもメガネラッコです。

タートルズは昔スーパーファミコン格闘ゲームをよくやってました。

 

そんな自分が今回紹介する映画は

「ミュータント・ニンジャ・タートルズ 影(シャドウズ)」

 

 

 

tmnt-shadows.jp


 

です。

 

■映画のざっくり内容

ニューヨークの地下で暮らす

亀忍者4兄弟は、前作で捕まえた

悪の親玉シュレッダーの脱走計画を

人間の協力者エイプリルから聞く。

脱走を阻止しようとするも、あと一歩のところで

逃げられてしまう。

シュレッダーの脱走の後、異次元の技術をもちいて

世界を混乱に陥れようとすべく、異次元を開くための

装置を集めようとしており、その計画に気が付いた

タートルズ達は計画を阻止すべく立ち向かう。

 

 

■観た理由

前作を見ており

今回は予告からアニメでもおなじみの

キャラクター、ビーバップとロックステディの登場が

楽しみだったから。

 

 

■お勧め度

~カップル~  ★★★★

アクションがメインで

話も難しくありません。

前作を見ていないと少しキャラクターの設定や

流れが分からない部分もあるかもしれませんが

今作の内容に関しては作品内の情報だけでも

楽しむには問題ないと思います。

 

 

~1人~    ★★★

深く考えずに楽しめます。

アニメなどで昔からタートルズを知っている人は

特に楽しめるでしょう。

前回より細かいネタは少なめなのです。

 

 

~友達と~   ★★★★

笑える箇所もあり

全体的なトーンが暗くないので

気軽な気持ちでみれます。

見終わった後にピザを食べながら

様々なシーンについて

語らうのもいいでしょう。

 

 

~濃いオタクネタを期待する人~  

今作は前回よりオタクネタ的なものはかなり減って

いたように思います。

単純に映画としてアクションとストーリー、

キャラクターを楽しむにはいいですが

過度なネタ要素を期待してみるのは辞めたほうがいいでしょう。

 

 

 

 

■メガネラッコ的ポイント

マイケル・ベイといえば、クルクル回転する3次元アクション!

敵役の個性豊かなメンバーの描き方、特にサイとイノシシ!

・クランゲとのバトル

・ロックステディ(サイ)達との空中~川でのバトル

・エイプリル(ミーガン・フォックス)の美しさ!

 

 

2作目ということで少し不安でしたが

全体的には満足でした!

ストーリーも明快で

余計なことを考えずに集中できます。

また、アクションやCGも十分楽しめます。

なんといっても今回はアニメで昔からしっている

キャラクター達がぞくぞくと出てくるので

その点だけでもタートルズ好きは見ていて

楽しいのではないでしょうか?

知らなくても前回の話からの流れ

コミカルでもあり、かっこいいアクションで

満足できるのではないでしょうか。

 

個人的にはドラマ版のグリーンアローの役者さんが

矢でなくホッケーのパックを打つ点が、、、笑

 

 

■所感   ※以下ネタばれ含みます。

 

 

 

 

 

今回はタートルズサイドよりも断然ヴィランサイド

のキャラクターが良かった!

 

 

もちろんタートルズもよかったのですが

ラファエロに関しては冒頭のバイクシーンで

マイキーはビッグヌンチャクとスケボーで

ドナテロはクランゲへの一撃で

レオナルドは、、、、、

 

 

と余すことなく活躍の場があったのも良かったのですが

ビーバップとロックステディについては

変身する前からいい味出してました。

 

戦い方やキャラクターの雰囲気で

大変なことが起こっているのにあまり大変そうじゃない

感じになるのも個人的にはよかったです。

 

クランゲのロボもアニメと違い

なかなかカッコいいデザインだった。

 

唯一あげるとするならシュレッダーが完全に

かませ犬的なポジションで終わってしまったのは

残念です。

 

もう少し活躍するかと思いましたが

次回へ残したのかな?

 

個人的には是非3作目も制作してほしい映画でした。

次はスプリンター先生にも魅せどころが欲しい!

 

 

んじゃ、また。