読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メガネラッコの反芻キネマ

どうもメガネラッコです。ご覧いただきありがとうございます。基本的には最近みた映画について、上映中、レンタルなど関係なく感想や自分なりの分析など徒然と書いてます。

スーサイド・スクワッド 〜悪人なんていたっけ?キャラ映画で終わる作品~

アクション 洋画

悪人が活躍?いいえ、悪人ぽいけどいいやつが
奮闘するキャラムービー

 

 

どうもメガネラッコです。

DCコミックで唯一所持している漫画はウォッチメンです。

 

そんな自分が今回紹介する映画は

スーサイド・スクワッド

 

 

映画『スーサイド・スクワッド』オフィシャルサイト

 

 

です。

 

■映画のざっくり内容

スーパーマンバットマンが戦ったあとの世界。

世の人々は新たな脅威に備えるためにさくを考えていた。

その中で決行されたのが、捕まえた悪人で悪人を打つ集団

スーサイドスクワッドの結成だった。

バットマンなどのヒーローに捕まえられた

うでに覚えのある悪役たちが、危機を回避するため

ミッションを遂行する。

ただ、そこには悪人たちには知らされていない事実もあった、、、

 

 

■観た理由

アメコミ映画に最近ハマっているので。

悪役が悪役を打つ、という構造がぶっ飛んだ内容に

なりそうで楽しそうだったから。

 

■お勧め度

~カップル~  ★★

ジョーカーとハーレイのいかれた

恋愛要素ありますが基本はアクション映画と思ったほうがいいです。

肝心のアクションンも地味だったり、原作のキャラクターを

理解しているからこそ楽しめるものが多いので

あえてカップルで見る必要はないかもしれません。

 

~1人~    ★★

この映画を一人でみようとするくらいの人なら

見終わった後に感想を言える相手を確保しておきましょう。

理想は、そういった友人などと一緒に見るほうがいいかと思います。

 

 

~友達と~   ★★★

見終わって、良くも悪くも語れる要素はあるので

友達とみるほうがいいと思います。

理想はスーパーマンVSバットマンを見ている人

もしくはDCコミックスに明るい人がいいかと思います。

 

~悪人らしい内容や演出を求める人~  

よくも悪くも一般向けの内容です。

悪人の極悪非道なアクションや話の筋を求めている人は

やめてアウトレイジ見たほうがいいかもしれません。

 

 

 

 

■メガネラッコ的ポイント

・黒マントさんと赤い閃光さんキターー!

ハーレイの狂いデレ

・随所で流れる有名楽曲の数々

・エンチャントレスの役者さん(カーラ・デルヴィーニョ)も負けず劣らずぐっとくる

 ・かたことの日本語が集中力を削ってくる

 

 全体的に、すごく悪い!というわけではなかったと思います。

ただ、元のキャラを知っている人でも話の内容、演出の点で

好き嫌い、評価が分かれる作品だと思います。

特に、今回この設定の映画に何をもとめるか?

という点においては個人的には不満でした。

もっとぶっ飛んだ内容を期待していたのですが、、、

 

話自体も難しくはないですが

荒いので腑に落ちない点など多いです。

 

すべて含めてDCらしい映画だった、、、

という一言で終わっておきます。

 

 

 

■所感   ※以下ネタばれ含みます。

 

 

 

 

 

ヘイトフル・エイトを最近見たせいですか?

全然悪役感を感じなかったです。

 

なんだったらバットマンのほうが嫌な奴に描かれていたのでは?

とすら思いました。

 

個人的にはキャラ物としてまあまあ楽しめました。

 

音楽も有名なものがおおく、序盤のテンポは個人的には

悪くなかったです。

 

ただ、デッドショットの身の上話が必要だったのか?

またヴィラン達に人間らしさや戦う理由をつけるためだとは

思いますが、コンセプトとして大事な悪役

という点がボケボケです。

 

ふたを開けてみれば一番の悪役は

悪人たちを集めたウォーラーかな

と思いつつも

エンチャントレスの心臓的な人形を

ヒステリックにさしているシーンや

銃をバンバン打ったり

頭に青い管入れられて極秘基地の場所漏らされたり

と、どんなキャラとして描きたいのか謎です。

 

個人的には悪らしく、好き放題やってた結果

たまたまボス倒した、くらいか

ハーレイちゃん可愛いから猛者どもなんとなく

いいように使われちゃった、くらいの理由で

戦っていたほうがよかったのでは?と思います。

そのほうが何にも縛られす破壊や悪事を楽しむ

爽快感など他の映画にはない魅力を出せたように感じました。

 あとスリップノットのことを公式が

キャラ紹介に載せてるけど、これはダメだよ。

 

あんなかませ役をカウントしてはいけません。

 

 

個人的にはワンダーウーマンがとても不安です。

 

 

んじゃ、また。