読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メガネラッコの反芻キネマ

どうもメガネラッコです。ご覧いただきありがとうございます。基本的には最近みた映画について、上映中、レンタルなど関係なく感想や自分なりの分析など徒然と書いてます。

ビューティー・インサイド 〜韓国らしいテーマ性のラブストーリー~

韓国映画 ヒューマン

SF(すこしふしぎ)だけど誰もが潜在的
悩む点をすっきり表した切ない映画

 

 

どうもメガネラッコです。

韓国映画で好きなのは「猟奇的な彼女」です。

 

そんな自分が今回紹介する映画は

「ビューティー・インサイド」

gaga.ne.jp

です。

 

■映画のざっくり内容

18歳の誕生日から、寝て起きると見た目が

変わってしまう男の話。

性別、年齢、国籍すべて起きるたびに変わってしまう。

しかし今の時代、人と会わずとも生活はできた。

かれは家具職人として、インターネットで注文をとる

形で過ごしていた。

そんな彼はある家具屋で一人の女性と出会い、恋をするのだが、、、

 

■観た理由

以前予告編をみてからずっと気になっていた作品。

設定が星新一藤子不二雄のようで好きなタイプだったので。

 

■お勧め度

~カップル~  ★★★★★

カップで見れば、今の自分たちと比較したり

価値観がみえて面白いと思います。

もちろん、見終わった後にどう感じるかは

その人次第ですがラブストーリーとして

単純に楽しめると思います。

 

 

 

~1人~    ★★★★

人を好きになることについて

考えるにはいい映画だと思います。

こういった映画は一人で見て

自分の価値観と照らし合わせてみても面白いと思います。

 

 

~友達と~   ★★

笑える点、コメディ的要素が少なめです。

基本的には同性の友達と見たときに微妙かもしれません。

恋愛相談できるような中ならいいですが

ラブストーリーって友達とみる感覚があまり自分にはないので。

 

 

~人は見た目がすべてだぜ!という人~  

テーマ的に共感できる可能性が低いので

見ないほうがいいでしょう。

人の内面に興味がでてきたら鑑賞してみるといいと思います。

 

 

 

 

■メガネラッコ的ポイント

・設定の妙

総勢123人が演じる主人公

・分かるようで分からない感情を慮る映画

・お母さん役の人何人なの?

 

 

 

期待して見たのですが、おおむね想像通りでした。

なので大きく期待を上回ったり、下回った、ということはなかったです。

見た目が毎日変わる人でも恋愛は成立するの?

という話をスムーズに楽しめました。

またその話の内容から、人を好きになるということの

難しさや本質みたないものを問いかけてくる映画かな

と思います。

 

ただ、メッセージ性は意外と物語の中では薄く感じたので

単純に見た人にゆだねられているようにも感じます。

二人の行く末に集中できました。

 

一見、想像できそうで出来ない、主人公たちの気持ちを

想像しながら見る体験は好みでした。

 

 

 

■所感   ※以下ネタばれ含みます。

 

 

 

 

 

 

付き合うまでの過程が意外と早く終わったのは

個人的には意外でした。

 

でも見終わってみると、それでよかったように思います。

二人がどのように付き合い、分かれ、再会したかに

比重が傾けられることでこの映画の見どころがしっかり

増えたように思います。

 

どんなに頭では理解していても

毎日見た目が変わる人と付き合うことの不安やプレッシャー

 

年をとって老いるのと違う感じです。

整形大国と言われる韓国ならではな感じがしました。

 

ただ、人を好きになるときは見た目も大事だけど

本質の部分で惹かれ合う必要があるというメッセージだと思うのですが

それが主人公たちの作ったり売る家具というもので2重に語られている点は

好きでした。

 

家具は見た目の好みも大事だけれど、自分の合うかどうか?

特に椅子に関していえばフィット感みたいなことが大事だと。

そう語っているように感じました。

 

家具販売員であるヒロインは家具の材質や

その人にフィットするかどうか?という点で家具を語ります。

そして、彼との付き合いにつかれたときには

家具の説明ができなくなってしまいます。

これは疲れていて、という描写になっていると思いますが

彼女の心理的な部分で、本質と見た目について戸惑いがあったから

ではないかな、と思いました。

 

そういう意味でしっかり設定も

考え抜かれているなー、と感じた映画でした。

 

んじゃ、また。