読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メガネラッコの反芻キネマ

どうもメガネラッコです。ご覧いただきありがとうございます。基本的には最近みた映画について、上映中、レンタルなど関係なく感想や自分なりの分析など徒然と書いてます。

美女と野獣 〜ディズニーらしい分かりやすい?心理描写は控えめのエンタメ映画~

現代的で、分かりやすい箇所を集約した結果少し「?」が残る映画

 

 

どうもメガネラッコです。

ディズニープリンセスで好きなのは「レイア姫?」というくらいディズニーは詳しくないです。

 

 

そんな自分が今回紹介する映画は

美女と野獣

 

美女と野獣|映画|ディズニー|Disney.jp |


です。

 

■映画のざっくり内容

呪いによって野獣に姿が変えられた王子。

彼の呪いをとくには、「愛し、愛されることを知る」

必要がある。しかも、魔女の渡したバラの花ビラがすべて

落ちる前に。

村には変わり者と呼ばれる女性がいた。彼女は美しいが

考え方ややることが小さい村では異端。

彼の父が馬車で道に迷い、野獣の城に行ってしまう。

城で、娘に頼まれたバラを摘もうとした父は野獣に囚われる。

そんな父を助けようと、女性は野獣の城へ向かい、父の身代わりとして

城で暮らすことになるのだが、、、、

 

■観た理由

何やら人気で混んでいたので。

あと元のディズニーアニメ映画を見たことがなかったから

単純にストーリーに興味があった。

 

■お勧め度

~カップル~  ★★★★

 

お話を知っていてもいなくても

「愛について」のお話なので

カップルで見るにはちょうどいいとおもいます。

しかも重たい話ではなく理解しやすいです。

元の話を知っていても実写版として

楽しめる内容になっているのでは

ないでしょうか。 

 

 

~1人~    ★★

独りでみるには向かない映画だと思います。

何をもとめて見るのかにもよりますが

可能なら誰かと見に行くほうがよいかと。

それはお話自体もそうですし、とりわけ

すごく何かが自分の中に残るような映画でも

ないから。エンタメとして映画を見るなら

他の映画でもいいようにおもいます。

 

 

~友達と~   ★★★★

ディズニー好き、エマ・ワトソンを見に行きたい人と行くと

楽しい映画だと思います。

想像した通りか、少しそれを上回るくらいの満足度は

あるのではないでしょうか?

 

 

~愛することを真剣に考えるきっかけが欲しい人~  ★★

真ん中にはもちろん、重厚なテーマがありますが

この映画ではあくまでに「愛すること」は見た目的なテーマです。

いかに、皆が思い描く素敵な恋物語をつくるか

という事のほうが重要視されている気がします。

内面の移り変わりなどはサラっとすすんでいきます。

 

 

■メガネラッコ的ポイント

エマ・ワトソンの魅力

・音楽の安定感、口ずさみたくんる

・分かりやすい物語や人物の構図

 

 

 

この映画を見に行く人のどれくらいが

元のディズニーアニメ映画をみているのだろうか?

 

知らずにいった人間からすれば

予想通りだが、よくできたお話だったとおもいます。

 

また音楽も、ディズニーランドなどに行ったことある人

であればある程度聞き覚えがある曲です。

 

しかしディズニーの曲はよくできていますね。

見終わったらついつい口ずさみたくなります。

 

特に心配のない安定感だらけのこの映画だからこそ

エマ・ワトソン演じるベルもそうですが

キャラクターに集中できるつくりになっている

ように思います。

 

 

本当に出てくるキャラクターが皆たっている。

ガストンはもちろん、お城の道具たちも皆

抜群のキャラです。

 

キャラ性に時間をかけたせいなのか

肝心のベルと野獣の関係が変わっていくところは

結構タンパクに感じました。

 

それでもラストへ向けての気持ちの高まりは

しっかりと保たれているので

よいデート映画だと思います。

 

 

■所感   ※以下ネタばれ含みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見終わって感じたのは

誰が美女で誰が野獣なの?

 

 

という事です。

 

 

美女はベルのことであるとしましょう。

しかし野獣という意味でいうと

王子しかり、ガストンしかり、村人しかり

 

皆野獣のように見えました。

 

そもそも原題の「Beauty &Beast」を「美女と野獣」と

単純に訳してしまうとこのお話のもつ裾野の広がりが

薄くなってしまっているように気がします。

 

タイトルに違和感をお覚えたので英語に詳しくない自分は

とりあえず翻訳サイトをみてみました。

 

・Beauty

 美、美人、同種のもののなかで特にすぐれたもの

Beast

 動物、獣、畜生、酷い人、いやな人

 

という意味を持つ単語のようです。

 

ふむ、これを見ると物語全体がまとまってくる気がします。

もちろん、こんなこと考えなくても十分に楽しめる映画だとは

思います。

 

でも自分は考えたいと思いました(これは映画の狙いにのらされている?)

 

ベルは確かに美の象徴でしょう。

そんなベルに嫌な人と思われるガストンやガストンに同調する村人は

野獣。

 

野獣は素質でいえば美、のキャラクターですが魔女に野獣に変えられて

しまいました。

 

ベル以外は野獣なのか?

 

ガストンを除けば、最後はみな記憶を取り戻し

平和な世界になっています。

 

この映画は、主題どおり見た目を気にしていると混乱してしまいます。

 

基本的には美点と醜点、という観点でみれば

全員に両方が内在しています。

しかし、それは見る人によって異なる

というのが大事な点なのでしょう。

 

とまとめたつもりになっていますが

野獣が人間に戻るための条件が

ベルの試練なんじゃないかと思ってしまったことは

いまだによくわかりません。

野獣は見た目美しいベルを相手にスタート

でベルは見た目獣で相貌な相手スタート。

 

どちらかと言えばベルのほうがつらくないか?

 

 

んじゃ、また。