メガネラッコの反芻キネマ

どうもメガネラッコです。ご覧いただきありがとうございます。基本的には最近みた映画について、上映中、レンタルなど関係なく感想や自分なりの分析など徒然と書いてます。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス 〜2作目ならではの控えめ作品~

前作を引き継ぎ軽妙に綴られるヒーロー映画

 

 

どうもメガネラッコです。

アメコミ映画キャラで最近好きなのはロケットラクーンです。

 

 

そんな自分が今回紹介する映画は

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」

 

marvel.disney.co.jp


です。

 

■映画のざっくり内容

 

高度に発展した惑星ソヴリンでの用心棒仕事から物語は始まる。
電池を狙うクリーチャーの撃退を頼まれ遂行するガーディアンズメンバー。

見事敵を退けるも、メンバーのロケットがその電池をくすねる。

そのことがソヴリンの女王にばれ、終われるも

間一髪のところで謎の人物に助けてもらう。

 

その人物は、メンバーであるスターロードの父だと名乗る男だった、、、

 

 

■お勧め度

~カップル~  ★★★

 

一作目を見ていなくても楽しめる作品だとは思います。

ただ、やはり世界観含め、ここからスタートするのは

やや厳しい印象でした。

また、物語としても、軽快な音楽や

そこまで複雑な設定ではないものの

気軽に楽しめるデートムービーとは少し違うかもしれません。

二人とも前作をみて楽しめているならOKだと思います。

 

 

 

 

~1人~    ★★★

独りでみても問題ない作品です。

特に前作に比べると、指向性もやや強くなっている

と感じるので、友人などにすごく話をしたい作品かと

いうと少し違うかもしれません。

 

 

~友達と~   ★★★★

前作をみて楽しんだ友人と見ると

十分に楽しめると思います。

ただし、前作の予習は念入りにしておいたほうがよさそうです。

ワイワイと楽しむのには丁度いい作品です。

 

 

~超ハードアクションを楽しみたい人~  ★★

 

作品として、かなり軽妙でふざけた感じがあるので

ハードでシリアスなアクションを期待する人には

おすすめしません。

 

 

■メガネラッコ的ポイント

・かわいいベビーグルート

・馴染みがある?往年の名曲たち

・個性際立つキャラクター

・ちりばめられたアメコミネタ

 

 

 前作に比べるとやはり少し弱い印象です。

 

話としても、親子の話ではあるのですが

途中ロマンス的な要素があったり

ギャグっぽいパートもありと

少し集中しきれず、、、

という印象でした。

 

終わり方もやや尻切れ感を個人的には感じました。

何より今回使用されている楽曲が

あまり日本人には馴染みがない曲が多いかな?

という印象でした。

自分が知らないだけかもしれませんが、、、、

 

しかし、総じて楽しいガーディアンズの世界観を

楽しめることには変わりありません。

 

次の作品に期待したくなる映画だと思います。

 

 

■所感   ※以下ネタばれ含みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個人的には大好きな作品の2作目なので

わるくないと思っています。

 

ただ、やはり2作目独特の弱さがあったかな

と思いました。

 

それがストーリーなのか?

演出なのかはやや微妙です。

 

 

トーリー的には親子の話として完結していますが

途中ガモーラとの関係が描かれたりと脱線気味。

 

しかも肝心のヨンドゥとのエピソードは本編では

ほとんど語られていないのです。

 

楽しい時間も必要ですが

もう少しスターロードとヨンドゥの話を掘り下げてもよかったかなと思います。

時間はかける必要はないと思うんです。

 

グルートの可愛さを演出したり

他のキャラクターにフューチャーする時間があれば

そこを使ってほしかった、、、

 

ある意味原作などを周知している前提なのかもしれません、、、、 

 

 

でも3作目やサノスとの闘いは期待したいと思います。

 

 

 

 

んじゃ、また。