読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メガネラッコの反芻キネマ

どうもメガネラッコです。ご覧いただきありがとうございます。基本的には最近みた映画について、上映中、レンタルなど関係なく感想や自分なりの分析など徒然と書いてます。

君の名は。〜甘美な妄想を映像化したライトなミュージックビデオ映画~

アニメ 邦画

ロマンチックであることに全力を投じた
砂糖ドバドバムービー

 

 

どうもメガネラッコです。

新海誠の作品は昔少しだけ見た記憶があります。

 

そんな自分が今回紹介する映画は

君の名は。

映画『君の名は。』公式サイト

 

です。

 

■映画のざっくり内容

ある日突然、夢の中で男女の体が入れ替わってしまう。

お互いに不思議に思いつつも、ルールを決め

入れ替わっている間の情報を共有したりと

なんとか入れ替わりに対応する主人公二人。

そんな入れ替わりもある時、突然に終わってしまう。

入れ替わっていた時の記憶は元の体に戻ると薄れていくのだが

互いに、入れ替わった「誰か」に興味をもち、近づこうとするのだが、、、

 

 

■観た理由

話題になっている作品なので興味があり。

特に若年層に人気ということで、嫌な予感がしつつも

今の若者に響く映画を見たかったから。

 

■お勧め度

~カップル~  ★★★★

体が入れ替わる二人の心模様がメインの作品だと思います。

なのでカップルでみるにはちょうど良い作品です。

ちょっとした笑える要素などもありますが

難しい説明なども少なめで、主人公たちの成り行きを

楽しく見られるのではないかと思います。

 

~1人~    ★★

劇場で一人で見るには周りの環境が厳しいかもしれません。

ただ、自宅などで見られるようになれば

一人で見ること自体は問題ないでしょう。

ただ、いろいろと話をしたくなる映画だと思うので

できれば複数人で見たほうが感想戦も楽しめます。

 

~友達と~   ★★★

スートーリーや、設定、音楽など

語ることができる要素の多い映画です。

なので友達とみて意見を交わすのに向いている作品と言えます。

ただ、好き嫌いの好みが強くでる作品のように思うので

相手の意見に寛容になって話し合いましょう。

 

~ハードSF的な要素を求めている人~  

SF的な要素は多々ありますが、穴は多いです。

映画だけではわからないこと、納得いかない点が多いので

しっかりと練られたハードSFを求める人には向かないように

思います。

 

 

 

■メガネラッコ的ポイント

・声優陣の安定感

RADWIMPSの曲の多用

序盤のテンポの良さ

・妄想を視覚化したような甘美

 

見終わってみて、不思議な違和感の残る映画でした。

つまらないわけでは無いのですが

何か自分の中で物足りないというか

欠けている感覚が残りました。

 

話のテンポや、映画でやりたかったことは

十分わかります。

色々な要素や話を入れ込んであるのですが

映画、一作品として見たときに

結局主人公二人だけのお話になっている。

 

その点が個人的には腑に落ちなかったのかもしれません。

ただ、飽きずに見られるような工夫や、気持ちがもりあがるような

音楽的な演出などされているので

見ている時間はあっという間に過ぎると思います。

 

 

 

■所感   ※以下ネタばれ含みます。

続きを読む

スーサイド・スクワッド 〜悪人なんていたっけ?キャラ映画で終わる作品~

アクション 洋画

悪人が活躍?いいえ、悪人ぽいけどいいやつが
奮闘するキャラムービー

 

 

どうもメガネラッコです。

DCコミックで唯一所持している漫画はウォッチメンです。

 

そんな自分が今回紹介する映画は

スーサイド・スクワッド

 

 

映画『スーサイド・スクワッド』オフィシャルサイト

 

 

です。

 

■映画のざっくり内容

スーパーマンバットマンが戦ったあとの世界。

世の人々は新たな脅威に備えるためにさくを考えていた。

その中で決行されたのが、捕まえた悪人で悪人を打つ集団

スーサイドスクワッドの結成だった。

バットマンなどのヒーローに捕まえられた

うでに覚えのある悪役たちが、危機を回避するため

ミッションを遂行する。

ただ、そこには悪人たちには知らされていない事実もあった、、、

 

 

■観た理由

アメコミ映画に最近ハマっているので。

悪役が悪役を打つ、という構造がぶっ飛んだ内容に

なりそうで楽しそうだったから。

 

■お勧め度

~カップル~  ★★

ジョーカーとハーレイのいかれた

恋愛要素ありますが基本はアクション映画と思ったほうがいいです。

肝心のアクションンも地味だったり、原作のキャラクターを

理解しているからこそ楽しめるものが多いので

あえてカップルで見る必要はないかもしれません。

 

~1人~    ★★

この映画を一人でみようとするくらいの人なら

見終わった後に感想を言える相手を確保しておきましょう。

理想は、そういった友人などと一緒に見るほうがいいかと思います。

 

 

~友達と~   ★★★

見終わって、良くも悪くも語れる要素はあるので

友達とみるほうがいいと思います。

理想はスーパーマンVSバットマンを見ている人

もしくはDCコミックスに明るい人がいいかと思います。

 

~悪人らしい内容や演出を求める人~  

よくも悪くも一般向けの内容です。

悪人の極悪非道なアクションや話の筋を求めている人は

やめてアウトレイジ見たほうがいいかもしれません。

 

 

 

 

■メガネラッコ的ポイント

・黒マントさんと赤い閃光さんキターー!

ハーレイの狂いデレ

・随所で流れる有名楽曲の数々

・エンチャントレスの役者さん(カーラ・デルヴィーニョ)も負けず劣らずぐっとくる

 ・かたことの日本語が集中力を削ってくる

 

 全体的に、すごく悪い!というわけではなかったと思います。

ただ、元のキャラを知っている人でも話の内容、演出の点で

好き嫌い、評価が分かれる作品だと思います。

特に、今回この設定の映画に何をもとめるか?

という点においては個人的には不満でした。

もっとぶっ飛んだ内容を期待していたのですが、、、

 

話自体も難しくはないですが

荒いので腑に落ちない点など多いです。

 

すべて含めてDCらしい映画だった、、、

という一言で終わっておきます。

 

 

 

■所感   ※以下ネタばれ含みます。

続きを読む

ヘイトフル・エイト 〜密室劇?いいえタランティーノ劇場です~

洋画 サスペンス アクション

悪人しか出てこない、殺し合い!
真相や展開を楽しみつつタランティーノバイオレンスを楽しむ映画

 

 

どうもメガネラッコです。

タランティーノ作品だとパルプフィクションが一番好きです。

 

そんな自分が今回紹介する映画は

ヘイトフル・エイト

 

 

 

gaga.ne.jp

 

 

です。

 

■映画のざっくり内容

舞台はアメリカ、時は南北戦争終息後まもなく。
迫る吹雪を振り払いながら進む賞金稼ぎは
懸賞のかかった女を連れて町を目指していた。
途中同乗することなった賞金稼ぎと新保安官。
目的の町へ辿り着く前に、山にある店で
吹雪をしのぐことになった一向は山小屋で違和感を
覚えながらも時間を過ごすことになるのだが、、、

 

 

■観た理由

タランティーノが好きだから!

密室劇で悪人だらけ、という設定から
どんな話になるか気になったから。

 

■お勧め度

~カップル~  ★★

エグいシーンが多々あるので
暴力描写やグロ耐性のない人と

一緒に見るのは避けたほうがいいでしょう。

また、後味がいい映画ではないので

カップルでは見ないほうがいいでしょう。

 

~1人~    ★★★★

タランティーノ好きの人なら

一人で見てもいいと思います。

雪山の密室劇というシチュエーションも

楽しむにはちょうどいい内容だと思います。

 

 

~友達と~   ★★★

タランティーノ映画のノリが分かる
友達とならいいかもしれません。

ただ、今回のオマージュネタなどが
かなりマニアックに感じます。
(自分はほぼ分からなかった)
できれば西部劇に詳しい友人と見るといいかもしれません。

 

~思考できるような密室劇を期待する人~  

先の展開を予想しながら見れなくもないですが
基本的なサスペンス映画とは異なると思います。
なのでやはりタランティーノっぽさ、のようなものを
味わいたい人が見るべきで、深い推理などを楽しみたい人は
別の作品を手に取ったほうがいいかもしれません。

 

 

 

 

■メガネラッコ的ポイント

タランティーノらしい、軽妙な会話

バイオレンスの表現

・役者たちの癖のある人物を表現する演技

・なんじゃこりゃ!となるラストの展開。

 

 

よくも悪くもタランティーノらしい作品だった思います。

個人的にはタランティーノ作品は元ネタの理解度で

楽しみかたが大きく左右されるものが多いと思います。

もちろん、そうでなく単品で楽しめる映画もありますが。

 

しかし、今作がどちらなのかと言われると

迷ってしまいます。
日本で西部劇に明るい人ってどれくらいいるんだろう?

ということと、元ネタが分からなくても
それなりに楽しんでいる自分の感想。

 

 

しかし、自分が楽しめているのも

タランティーノが好きで、作品の雰囲気や

期待すべきものがなんとなく理解できているから

ではないかと思います。

なので、ファン以外は楽しむのが難しい映画のように思います。

 

 

■所感   ※以下ネタばれ含みます。

続きを読む

ミュータント・ニンジャ・タートルズ 影(シャドウズ) 〜アクションもテンポもよいけど、やっぱりキャラムービー~

アクション 洋画

中途半端な説明もなくテンポがいい!!
忍者アクションとキャラクターたちの登場に興奮する映画

 

 

どうもメガネラッコです。

タートルズは昔スーパーファミコン格闘ゲームをよくやってました。

 

そんな自分が今回紹介する映画は

「ミュータント・ニンジャ・タートルズ 影(シャドウズ)」

 

 

 

tmnt-shadows.jp


 

です。

 

■映画のざっくり内容

ニューヨークの地下で暮らす

亀忍者4兄弟は、前作で捕まえた

悪の親玉シュレッダーの脱走計画を

人間の協力者エイプリルから聞く。

脱走を阻止しようとするも、あと一歩のところで

逃げられてしまう。

シュレッダーの脱走の後、異次元の技術をもちいて

世界を混乱に陥れようとすべく、異次元を開くための

装置を集めようとしており、その計画に気が付いた

タートルズ達は計画を阻止すべく立ち向かう。

 

 

■観た理由

前作を見ており

今回は予告からアニメでもおなじみの

キャラクター、ビーバップとロックステディの登場が

楽しみだったから。

 

 

■お勧め度

~カップル~  ★★★★

アクションがメインで

話も難しくありません。

前作を見ていないと少しキャラクターの設定や

流れが分からない部分もあるかもしれませんが

今作の内容に関しては作品内の情報だけでも

楽しむには問題ないと思います。

 

 

~1人~    ★★★

深く考えずに楽しめます。

アニメなどで昔からタートルズを知っている人は

特に楽しめるでしょう。

前回より細かいネタは少なめなのです。

 

 

~友達と~   ★★★★

笑える箇所もあり

全体的なトーンが暗くないので

気軽な気持ちでみれます。

見終わった後にピザを食べながら

様々なシーンについて

語らうのもいいでしょう。

 

 

~濃いオタクネタを期待する人~  

今作は前回よりオタクネタ的なものはかなり減って

いたように思います。

単純に映画としてアクションとストーリー、

キャラクターを楽しむにはいいですが

過度なネタ要素を期待してみるのは辞めたほうがいいでしょう。

 

 

 

 

■メガネラッコ的ポイント

マイケル・ベイといえば、クルクル回転する3次元アクション!

敵役の個性豊かなメンバーの描き方、特にサイとイノシシ!

・クランゲとのバトル

・ロックステディ(サイ)達との空中~川でのバトル

・エイプリル(ミーガン・フォックス)の美しさ!

 

 

2作目ということで少し不安でしたが

全体的には満足でした!

ストーリーも明快で

余計なことを考えずに集中できます。

また、アクションやCGも十分楽しめます。

なんといっても今回はアニメで昔からしっている

キャラクター達がぞくぞくと出てくるので

その点だけでもタートルズ好きは見ていて

楽しいのではないでしょうか?

知らなくても前回の話からの流れ

コミカルでもあり、かっこいいアクションで

満足できるのではないでしょうか。

 

個人的にはドラマ版のグリーンアローの役者さんが

矢でなくホッケーのパックを打つ点が、、、笑

 

 

■所感   ※以下ネタばれ含みます。

続きを読む

マッドマックス 怒りのデス・ロード 〜シンプル。そして頭を空にして楽しむ作品~

洋画 アクション

細かいことはいいんだよ!
まず、楽しめよ!という映画

 

 

どうもメガネラッコです。

マッドマックスの過去作は見ていません。

 

そんな自分が今回紹介する映画は

マッドマックス 怒りのデス・ロード

 

wwws.warnerbros.co.jp


 

です。

 

■映画のざっくり内容

舞台は世紀末の地球。

ほとんどの土地が土と砂にまみれた世界。

文明も荒廃している。

そんな世界で、力によって水や食料、資源などを牛耳る

イモータン・ジョーから、逃げようとする女子軍団。

そんな女子軍団にひょんな事から力を貸すことになった

マックス。

一向は追っ手が迫る中、緑の大地を目指す。

 

■観た理由

評判の良い作品だったから。

何も考えず映画をみたい気分だったから。

 

■お勧め度

~カップル~  ★★★

特に何も考えずに楽しみたい時ならOKだと思います。

ただ、設定やグロい部分が女性の好みに合いそうかは

確認が必要です。男の人でもそういったものが苦手な人は

避けたほうがいいかも。

 

 

~1人~    ★★★★

なんなんだ、この映画は!と考えられるので

一人でみても問題ないでしょう。

感想については、映画を好きな人なら見ている人が

多いので語らう相手は多数いると思います。

爆音で再生できる環境(ヘッドホンでもいいかも?)

でひとり浸ってみるのも面白いと思います。

 

~友達と~   ★★★

ヒャッハーな感じのものが好きな友人とみると

より楽しめるかもしれません。

見てるときに、「なんでだよ!」と思わず言いたくなる

箇所があります。

ワイワイ鑑賞するのにむいている作品です。

 

 

~深い物語、人の機微を描いたものだけが好きな人~  

描写が雑なわけではありません。

ただ、設定や話の内容的に深さを感じたりすることは

難しいかもしれません。

まあ、繊細な表現を求める人は手に取らない作品な気もしますが、、、

 

 

 

■メガネラッコ的ポイント

世紀末描写

・適役なのにいいやつ、それがイモータン・ジョー

・音楽、音響面での世界観づくり

・話の分かりやすさ

 

 

マッドマックスは過去作をみているわけでは

ありませんが十分に楽しめました。

明快なストーリーと尖った世界観設定

およびその設定をより効果的に演出する

音楽や音響

 

多くを語らない映画ですが

あっという間に時間が過ぎたように思います。

 

ただ、周りの評判が高すぎて

期待値が上がりすぎていた節は少しあります。

 

すべて細かいことはおいといて

のめりこんで見ればいい

そういう映画なような気がします。

 

 

■所感   ※以下ネタばれ含みます。

続きを読む

エージェント・ウルトラ 〜アメリカ流ラノベ?すこし不思議な構造に感じる話の枠組み~

アクション 洋画 コメディ

俺ツエー!したいだけではない。
現代のボニー&クライド的な要素も感じる映画

 

 

どうもメガネラッコです。

ライトノベルはほとんど読んだことはありませんがイメージでタイトルつけました。

 

そんな自分が今回紹介する映画は

エージェント・ウルトラ

 

 

agent-ultra.jp


 

です。

 

■映画のざっくり内容

さえない町のコンビニで働く主人公。
そんな彼には愛する彼女がおり、大事にしている。

ただ、彼女と旅行に行き、プロポーズしようと思っても

彼は町を出ようとするとパニックを起こし出られない。

ある日、彼の元に一人の女性が店に現れて不思議な言葉を

彼に投げかける。

そこから彼は、急に人並み外れた戦い方などができるようになるのだが、、、

 

 

■観た理由

設定に興味をひかれたから。

シンプルな話みたいだったから。

成り上がり系の物語のように予告で感じたから。

 

■お勧め度

~カップル~  ★★★

アクションがメインでありつつも

主人公カップルの関係も楽しめるので

カップルで見てよさそうです。

ただし、殺し方などややグロがあるので

そういった表現が苦手な方はやめたほうがいいかもしれません。

 

 

~1人~    ★★★

深く考えずに楽しめます。

見たら、誰かに話したい!とか

あのシーンがどうだった、とか

話したくなる要素は少ないと思うので

お酒を飲みながら見るくらいで丁度いいかもしれません。

 

~友達と~   ★★

微妙に恋愛要素があるので

同性同士だと少しつらいかも?

ただアクションとストーリーをメインにとらえれば

問題はないと思いますが

個人的には友人とみるよりは一人かカップルのほうが

いいように感じました。

 

 

~すかっと爽快なアクションと強い主人公がツエーするのを期待する人~  

アクション事態は少し地味目のように感じます。

それが作品には合っているのですが

派手さは求めないほうがいいかもしれません。

また、主人公がややウジウジした感じがあるので

自信満々の主人公を期待する人は避けましょう。

 

 

 

 

■メガネラッコ的ポイント

コンビニ店員から最強への覚醒

・スーパーなどにあるものを使ってのアクション

恋人との関係

・ラストの決めシーンへの伏線

 

 

少し期待した、普通の人→超無敵主人公とは少し違いました。

ただ、映画としては分かりやすくまとまっているし

アクションシーンも映画にあった等身大な内容という意味では

気になりませんでした。

壮大な話ではなく、一つの町の中ですべての話が完結するのも

個人的にはよかったと思います。

普通の生活を送ってた人がある日覚醒して強くなったら?

というよくある妄想のアンサーとしては個人的には面白いと

思いました。

 

■所感   ※以下ネタばれ含みます。

続きを読む

X-MEN:アポカリプス 〜3作目は総じて駄作?ファンでも冷や冷やの完結編〜

アクション 洋画

Xメンシリーズが単純に好きな人しか
見に行かなくていい映画

 

 

どうもメガネラッコです。

アメコミキャラで好きなのはアントマンです。

 

そんな自分が今回紹介する映画は

X-MEN:アポカリプス

 

www.foxmovies-jp.com

 

です。

 

■映画のざっくり内容

前作より10年ほどの時間がたった80年代が舞台。

最古のミュータントで、かつ最強と言われるアポカリプスが復活。

アポカリプスは人間達が地球に我が物顔で暮らしているのが気に入らず

古代で自分がそうしたように、再度人間の文明を破壊し、支配しようと

たくらむ。そこにチャールズを筆頭に前作からのキャラクターや

今回装いも新たに登場したミュータント達が戦いを挑む。

 

■観た理由

ファーストジェネレーション

フューチャー&パストを見ており

アポカリプスも昔やった格闘ゲームでしっていて

期待高かったので4DXで見ました。

 

■お勧め度

~カップル~  

なんか大変だな、くらいの感想になるかもしれません。

二人とも過去作をみている前提なら多少は楽しめるかも。

それでもデートで見て盛り上がるアクション的な見どころも

少ないので他を見たほうがいいでしょう。

 

 

~1人~    ★★

Xメン好きなら見てもいいと思います。

ただ過度な期待は禁物。

できれば過去作と連続で見れる状態で見たほうがいいかもしれません。

 

 

~友達と~   ★★★

アメコミ好き、Xメン好きの友人とみて

終わった後に、何が酷かったか

こんな小ネタ入っていたね

というには丁度いいくらいです。

 

 

~迫力満点の映像が見たい!人~  

壮大な話ですが、映像の迫力はあまり無いように感じます。

また息をのむようなアクションシーンも少ないです。

話が地味に進むので派手なものを求めている人には

不向きかもしれません。

 

 

 

 

■メガネラッコ的ポイント

3作目は駄作!という言い訳

・サイロックの女優さん綺麗(オリヴィア・マン

おでこ広いジーンソフィー・ターナー

ウルヴァリンの走り方

・フォーホースメンの集め方の雑さ

 

 

期待していただけに残念な結果になりました。

アポカリプスという強敵の描き方や

話の運び方。

特にテンポが悪いのと

その描写いるか?的な内容が多い。

ファン向けのネタ作品です。

今後のXメンシリーズにまた暗雲が立ち込めてしまいました。

前作が良かっただけに残念です。

 

 

■所感   ※以下ネタばれ含みます。

続きを読む