読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メガネラッコの反芻キネマ

どうもメガネラッコです。ご覧いただきありがとうございます。基本的には最近みた映画について、上映中、レンタルなど関係なく感想や自分なりの分析など徒然と書いてます。

ヘイトフル・エイト 〜密室劇?いいえタランティーノ劇場です~

洋画 サスペンス アクション

悪人しか出てこない、殺し合い!
真相や展開を楽しみつつタランティーノバイオレンスを楽しむ映画

 

 

どうもメガネラッコです。

タランティーノ作品だとパルプフィクションが一番好きです。

 

そんな自分が今回紹介する映画は

ヘイトフル・エイト

 

 

 

gaga.ne.jp

 

 

です。

 

■映画のざっくり内容

舞台はアメリカ、時は南北戦争終息後まもなく。
迫る吹雪を振り払いながら進む賞金稼ぎは
懸賞のかかった女を連れて町を目指していた。
途中同乗することなった賞金稼ぎと新保安官。
目的の町へ辿り着く前に、山にある店で
吹雪をしのぐことになった一向は山小屋で違和感を
覚えながらも時間を過ごすことになるのだが、、、

 

 

■観た理由

タランティーノが好きだから!

密室劇で悪人だらけ、という設定から
どんな話になるか気になったから。

 

■お勧め度

~カップル~  ★★

エグいシーンが多々あるので
暴力描写やグロ耐性のない人と

一緒に見るのは避けたほうがいいでしょう。

また、後味がいい映画ではないので

カップルでは見ないほうがいいでしょう。

 

~1人~    ★★★★

タランティーノ好きの人なら

一人で見てもいいと思います。

雪山の密室劇というシチュエーションも

楽しむにはちょうどいい内容だと思います。

 

 

~友達と~   ★★★

タランティーノ映画のノリが分かる
友達とならいいかもしれません。

ただ、今回のオマージュネタなどが
かなりマニアックに感じます。
(自分はほぼ分からなかった)
できれば西部劇に詳しい友人と見るといいかもしれません。

 

~思考できるような密室劇を期待する人~  

先の展開を予想しながら見れなくもないですが
基本的なサスペンス映画とは異なると思います。
なのでやはりタランティーノっぽさ、のようなものを
味わいたい人が見るべきで、深い推理などを楽しみたい人は
別の作品を手に取ったほうがいいかもしれません。

 

 

 

 

■メガネラッコ的ポイント

タランティーノらしい、軽妙な会話

バイオレンスの表現

・役者たちの癖のある人物を表現する演技

・なんじゃこりゃ!となるラストの展開。

 

 

よくも悪くもタランティーノらしい作品だった思います。

個人的にはタランティーノ作品は元ネタの理解度で

楽しみかたが大きく左右されるものが多いと思います。

もちろん、そうでなく単品で楽しめる映画もありますが。

 

しかし、今作がどちらなのかと言われると

迷ってしまいます。
日本で西部劇に明るい人ってどれくらいいるんだろう?

ということと、元ネタが分からなくても
それなりに楽しんでいる自分の感想。

 

 

しかし、自分が楽しめているのも

タランティーノが好きで、作品の雰囲気や

期待すべきものがなんとなく理解できているから

ではないかと思います。

なので、ファン以外は楽しむのが難しい映画のように思います。

 

 

■所感   ※以下ネタばれ含みます。

 

 

 

 

 

正直、もっとすさまじい描写を期待していた

自分としては少し物足りませんでした。

 

個人的には毒殺は、なんだかなー。

あと、密室劇で場所が動かないせいもあるのか

激しい描写も少なめな気がします。

 

 

もちろん、18禁になるくらいので

下的なえぐいネタや、頭がぶっ飛ぶところなどは

それなりでしたが、でも少し物足りない。

 

そして密室劇としても

最後の地下からの一撃。

というか人数多いんかい!!

というのが個人的に肩透かし。

 

タイトルに騙された?叙述トリック

的な感じでした。

 

タランティーノ作品だとここ数年だと

ジャンゴを超えるものがなかなかないなー

という感じです。

 

んじゃ、また。